Phim Кино Cinema

映画観たり、映画館巡ったり、映画祭巡ったり

2018年2月の映画興行の振り返り

週ごとの週末ランキング

2018年2月3日~2月4日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 1位 祈りの幕が下りる時 2 東宝
2位 - 羊の木 1 アスミック・エース
3位 - 不能犯 1 ショウゲート
4位 2位 ジオストーム 3 ワーナー・ブラザース
5位 4位 パディントン2 3 キノフィルムズ

eiga.com

2018年2月10日~2月11日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 - 今夜、ロマンス劇場で 1 ワーナー・ブラザース
2位 1位 祈りの幕が下りる時 3 東宝
3位 3位 不能犯 2 ショウゲート
4位 - マンハント 1 GAGA
5位 2位 羊の木 2 アスミック・エース

eiga.com

2018年2月17日~2月18日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 - グレイテスト・ショーマン 1 20世紀FOX
2位 1位 今夜、ロマンス劇場で 2 ワーナー・ブラザース
3位 2位 祈りの幕が下りる時 4 東宝
4位 3位 不能犯 3 ショウゲート
5位 5位 羊の木 3 アスミック・エース

eiga.com

2018年2月24日~2月25日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 1位 グレイテスト・ショーマン 2 20世紀FOX
2位 - 空海 KU-KAI 美しき王妃の謎 1 東宝
3位 2位 今夜、ロマンス劇場で 3 ワーナー・ブラザース
4位 3位 祈りの幕が下りる時 5 東宝
5位 - さよならの朝に約束の花をかざろう 1 ショウゲート

eiga.com

2月公開作品で特筆すべきはグレイテスト・ショーマンであろう。
昨年公開で、同様に日本では2月公開であり、更に製作チームも同じであるラ・ラ・ランドを思い出すミュージカル映画。ただし、ラ・ラ・ランドは44.2億円だったが、グレイテスト・ショーマンは53億円の興行収入なので、より成功を収めている。
ランキングを追うと4月21日~22日のTOP10に残り続けている。

これは第75回ゴールデングローブ賞・映画部門主題歌賞に輝いた『THIS IS ME』をはじめとする数々の音楽が耳に残り観客を魅了したのも要因であろう。
他の場でも『THIS IS ME』をよく耳にした2018年であった。

映画ニュース

一番驚いたことと言えば、大杉漣が亡くなったというニュースが飛び込んできたことだろうか。
www.cinematoday.jp
彼は数多くの映画・ドラマで目にした俳優だ。
私事だがちょうど九州旅行をしている際、別府の成人映画館で上映していた映画のポスターにも彼の名前が載っていた。また、ちょうど彼の訃報を聞く2日前に鹿児島の映画館で観た『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』ではナレーションを務めていた。

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』予告編
彼が実に幅広い活躍をしていたのだとわかる。
もう新たな出演作で彼の姿を観ることができない、彼の声を聞くことができないという、なんとも切なさを感じざるを得ない2018年2月のニュースであった。