Phim Кино Cinema

映画観たり、映画館巡ったり、映画祭巡ったり

2018年6月の映画興行の振り返り

週ごとの週末ランキング

2018年6月2日~6月3日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 - デッドプール2 1 20世紀FOX
2位 - 50回目のファーストキス 1 ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
3位 1位 名探偵コナン ゼロの執行人 8 東宝
4位 2位 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII 2 松竹
5位 3位 ビーターラビット 2 GAGA

eiga.com

2018年6月9日~6月10日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 - 万引き家族 1 GAGA
2位 1位 デッドプール2 2 20世紀FOX
3位 2位 50回目のファーストキス 2 ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
4位 - 終わった人 1 東映
5位 3位 名探偵コナン ゼロの執行人 9 東宝

eiga.com

2018年6月16日~6月17日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 1位 万引き家族 2 GAGA
2位 - 空飛ぶタイヤ 1 松竹
3位 2位 デッドプール2 3 20世紀FOX
4位 3位 50回目のファーストキス 3 ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
5位 - ワンダー 君は太陽 1 キノフィルムズ

eiga.com

2018年6月23日~6月24日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 1位 万引き家族 3 GAGA
2位 2位 空飛ぶタイヤ 2 松竹
3位 4位 50回目のファーストキス 4 ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
4位 3位 デッドプール2 4 20世紀FOX
5位 7位 名探偵コナン ゼロの執行人 11 東宝

eiga.com

2018年6月30日~7月1日のTOP5

当週順位 先週順位 作品名 上映週 配給
1位 - ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー 1 ディズニー
2位 1位 万引き家族 4 GAGA
3位 2位 空飛ぶタイヤ 3 松竹
4位 - それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星 1 東京テアトル
5位 - パンク侍、斬られて候 1 東映

eiga.com
2018年5月の映画興行の振り返りで触れたが、万引き家族カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したことが、6月のランキング、及び2018年のランキングに影響している。
注目すべきは、是枝監督は毎年世界的な映画祭で出品して映画ニュースとしてよく取り上げられているが、2017年『三度目の殺人』では14.6億円、2016年海よりもまだ深くは7.2億円、2015年海街diaryは16.8億円であり、もちろん昨今も数多ある公開作の中では成功といえるだろうが、今作で45億円を突破しているというのは飛躍的であり、彼は世界的評価が高い作家性と興行的成功の両方を合わせ持てたと言えるのではなかろうか。

”万引きを生業として生きている疑似家族の物語”という虚構とはいえ、日本の社会問題に触れており、出演者も若手からベテランまで占めていて安心して鑑賞できる物語であり、幅広くウケたのであろう。

映画ニュース

先に述べている万引き家族のヒットで連日沸いていた6月だが、その中でクレヨンしんちゃんしんのすけ役を26年3ヶ月務めてきた矢島晶子が降板を発表し、新しく小林由美子が務めることが発表された。
よって、2019年4月19日に公開される新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』小林由美子しんのすけの初映画となる。
長年親しまれたアニメの声優交代にはいつも様々な意見が飛び交う。
しかし、2018年3月の映画興行の振り返りで取り上げた映画ドラえもんも声優が一新され既に10年以上経ち、興行的にも成功を収めており、皆に親しまれているといえる。
クレヨンしんちゃんも同様に、今後も息の長いアニメで皆に親しまれるよう期待したい。